引越しを機会に不用品処分

必要なものか不必要なものかを見極める作業というのは人を合理的にするのだと思います。一度断捨離を経験すれば、いらないものは買わないようになりますし、ものを欲しいと思う欲求が下がって無駄に買い物をしないようになりますから。引越しなどは断捨離で不用品処分をするいい機会です。断捨離をしなくても不要品が出てきて粗大ごみなどを出さないといけないのですから、引越しと同時に断捨離を行なって、自分の普段の生活を見直すいいきっかけにしましょう。 断捨離をしようと思ったのは、大して使っていないものなのに、使っていないものの収納のために収納棚を買おうと思った時でした。インターネットや通販雑誌、ホームセンター等でどの収納棚がいいか検討していたのですが、使わないものを閉まっておく棚を買うためにあれこれ考えている自分がバカバカしくなったんです。気づくまでもないことなんですが、本当にバカバカしいことです。使わないものをしまっておくために、お金と手間をかけて収納棚を探していたわけですから。 不用品処分をしてすっきりした部屋は快適です、無駄を削減して賢く暮らしましょうと、よくメディアなどでいっていますが、その際に出てくるのがいつか使うかもしれないで取っておくのはダメ、洋服も部屋着なら使えるかもしれないからと取っておくのはダメというものです。確かにそうですね、全くのゴミであれば流石に捨てているはずですから、不用品処分の際に使えるかどうかを基準にしてしまっては、何一つ処分できるものはなくなってしまいます。ここ暫くの間で使ったかどうかなどのより積極的に処分できるための基準を作って断捨離を行いたいものです。

Share on Facebook